文具の蔵 Riheiとは?

店内には本物の川が流れ、店長あひるの「がー太」がお出迎え。
裏庭には登録有形文化財のギャラリー「庄の蔵」があり
明治の文明開化から、大正、昭和、平成、令和と100年以上の
時を刻み、その積み重なった煉瓦は今でも確認することができます。
浅間大社のお膝元・富士宮市宮町に店を構えて100年以上の老舗文具店です。

Riheiの歴史

浅間大社のお膝元・富士宮市宮町に店を構えて100年以上の老舗文具店。

江戸時代末期、初代吉澤利兵衛(りへい)が近江の国より来宮し開いた油屋が発祥と言われています。その後、明治初期に文具(紙)屋・よしざわ文具店となり、
平成12年に、初代先祖の名前をとり、現在の「文具の蔵Rihei」に屋号を変更しました。

初代 吉澤 利兵衛(りへい)翁
初代 吉澤 利兵衛(りへい)翁

ご紹介

地域NO.1の万年筆

Riheiに入ってすぐの高級感漂うケースから、常時200本以上の万年筆がお出迎え。
ペンは水平に並んでいますので、お客様は目線を合わせてご覧いただけます。
また、ゆったりとした試筆スペースで、心ゆくまでお試しください。
不動の定番ブランドから、レアな限定品まで、Riheiに来れば必ずお望みの1本が見つかります。
もちろん万年筆インクも充実の品揃え。オリジナルインク「宮洋墨(みやいんき)」も人気です。

常時200本以上の万年筆がお出迎え
常時200本以上の万年筆がお出迎え
限定品やレア商品も豊富
限定品やレア商品も豊富
ゆっくりお試しください
ゆっくりお試しください

あひる店長「がー太」です!

あひる店長「がー太」です!

Riheiに入ると何やら「があがあ」と声が聞こえてきます。あひる店長の「がー太」です。店のマスコットでもあります。
普段は裏庭の池にいるのですが、時々お店の中を散歩したり、ご希望があれば一緒に写真もお撮りします。ぜひ「がー太」に会いに来てください!!

店内に本物の川が流れています。

店内に本物の川が流れています。

富士山の恩恵を受ける水の街・富士宮は、元々街や民家の中を川が流れており、その街の小川を、Riheiは店内に組み入れました。
静かな水の流れは、紙をはじめとする文具とよく調和しています。川には橋も架かっており、初めて来店したお客さんは必ず驚く、街のちょっとした名所となっています。

富士山の湧き水

富士山の湧き水

富士山の街・富士宮は、街の至る所に湧き水が出ており、Riheiのお店の前でも大切に保存しています。
街を歩く人の憩いのオアシスとして、また小学生の課外授業の一環として、皆様に愛されています。


概要・アクセス

会社名 株式会社 吉澤
代表 吉澤 祐太
店名 文具の蔵 Rihei(リヘイ)
所在地 〒418-0067 静岡県富士宮市宮町8番29号
連絡先 TEL/0544-27-2725  FAX/0544-24-9044
営業時間 9:00~19:00
定休日 年中無休