こだわりの文具

Riheiは文房具が持つ無限の魅力を常にご提供いたします。
専門店ならではの幅広い品揃えで、あなたの欲しいものがきっと見つかります。
特に万年筆は地域No.1の品揃えを誇り、常時200本以上取り揃えています。
もちろん万年筆インクも充実の品揃え。
オリジナルインク「宮洋墨(みやいんき)」も人気です。

万年筆インク「宮洋墨(みやいんき)」

富士山の町・富士宮を万年筆のインクにしました。

富士山のお膝元・富士宮から見える富士山を中心に、
そのイメージを文具の蔵Riheiが万年筆のインクにしました。
その名も宮洋墨(みや・いんき)。
色は全部で9色、それぞれかわいいイラストの小瓶に入っていて、
思わず全色集めてしまいたくなります。
実用はもちろん、贈り物や書斎周りのインテリアにもいかがですか。

商品ラインナップ

富士山Blue

表富士といわれる富士宮から見える雄大な富士山をイメージしました。
実用にもぴったりな濃いブルー色です。

2,200円(+税)

朝霧高原GREEN

富士宮が誇る、富士の麓の観光スポット「朝霧高原」。
その壮大な牧草地帯をイメージしたインクです。

2,200円(+税)

富士山湧水Aqua Blue

富士宮は富士山の湧き水の宝庫、街の至る所に湧水があり、その澄んだ水の色をイメージしました。
(Riheiにも湧水があります)

2,200円(+税)

にじますPINK

富士山の湧水で育ち、その生産量は全国トップクラスで、市の魚にも認定されている「にじます」。
そのイメージカラーをインクにしました。
颯爽とした女性を連想させる、鮮やかなパステルピンクです。(富士宮にじます学会公認)

2,200円(+税)

筆楽宴 書落(かけおち)GREEN

富士宮を中心に活動する万年筆愛好会「筆楽宴(ひつらくえん)」発起人はご存じ、渡辺英彦やきそば学会会長その筆楽宴のイメージカラー深緑を使った遊び心溢れるインクです。
ちなみに、書落(かけおち)とは、(恋文を)書いて(好きな人を)落とすという、深い意味?があるのです。

2,200円(+税)

富士宮やきそばORANGE

全国のB級グルメの代表格、ご存じ「富士宮やきそば」をインクにしました。思わずお腹が空いてしまうソース色です。
富士宮やきそば学会との共同開発です。

2,200円(+税)

赤富士RED

写真家にも愛される、夕暮れ時の富士山「赤富士」をイメージした、鮮やかな赤色インク。

2,200円(+税)

富士山本宮浅間大社JAPAN RED

富士山、富士宮の象徴「富士山本宮浅間大社」全国1300の浅間神社の総本宮で、富士山世界文化遺産の構成資産でもあります。
その美しい拝殿や鳥居をイメージして、鮮やかな朱色のインクを作りました。
もちろん浅間大社のお墨付きです。

2,200円(+税)

富士の夕暮れ

夕暮れに染まる茜色の富士山をイメージしました。茜富士ともいわれる富士山を、インクでお楽しみください。

2,200円(+税)

煉瓦蔵

Rihei裏庭に佇む「吉澤家住宅煉瓦蔵」が、2015年に国の有形登録文化財に登録されました。
それを記念して、蔵の土台である煉瓦をイメージしたインクが出来ました。
少し赤みがかった柔らかい色合いから、蔵が刻んできた100年以上の年月を感じることができます。

2,200円(+税)

※インクの色味は実際の商品の色味と異なる場合がございます。ご了承ください。

富士山蒔絵

色彩豊かな富士山の表情を、「蒔絵」の技術でペンにしました!

富士宮から見える富士山の表情を、セーラー万年筆の「蒔絵」技術で
Riheiオリジナルのペンにしました。
細かな手作業でしか味わえない「蒔絵」独特の色彩の妙を、
現代の印刷技術で再現した新しい加飾工芸品です。
ポイントとなる部分には金粉、銀粉を施し、
ひとつひとつ手作業で蒔いて仕上げています。

祝・富士山世界文化遺産登録

2013年6月22日、富士山は世界文化遺産に登録されました。富士宮市はその構成資産のある市町村では最多で、まさに中心的な役割を担っています。
富士山本宮浅間大社をはじめとする、「富士宮の富士山」の美しさを、蒔絵ペンというかたちで表現しました。
富士宮に訪れた方、地元の方、他県や海外の方への贈り物など、すべての方に使っていただき、さらに富士山の素晴らしさを広めていきたいと思います。

商品ラインナップ

白糸の滝

富士宮が誇る名勝地で、富士山世界文化遺産の構成資産のひとつです。
富士山の雪解け水が絹糸のように優美に流れる滝を、鮮やかなエメラルドグリーンの軸で表現しています。
富士山の麓に咲く花は、地元白糸の名物・菜の花で、彩を与えています。

白糸の滝
白糸の滝
白糸の滝
富士山本宮浅間大社

ご存じ全国1300の浅間神社の総本宮で、富士山、富士宮の象徴です。世界文化遺産の構成資産でもあります。
地元ということもあり、特別に許可、監修をいただきました。
その荘厳たる拝殿や鳥居が、富士山や枝垂れ桜と鮮やかに共演しています。

富士山本宮浅間大社
富士山本宮浅間大社
富士山本宮浅間大社
ダイヤモンド富士

富士山の山頂から日が昇る瞬間「ダイヤモンド富士」が湖に映る姿。
誰もが一度はシャッターを押したことがある瞬間です。

ダイヤモンド富士
ダイヤモンド富士
ダイヤモンド富士
赤富士と枝垂れ桜

夕暮れ時の「赤富士」と枝垂れ桜の共演、女性的な富士山です。

赤富士と枝垂れ桜
赤富士と枝垂れ桜
赤富士と枝垂れ桜

商品仕様

  • ボールペン(0.7mm)黒・赤と、シャープペン(0.5mm)がひとつになった複合ペン
  • 回転繰り出し式
  • ボールペン替芯:セーラー18-0103
  • 化粧箱入り
  • 各3,000円(+税) ※白糸の滝のみ3,500円(+税)となります。

「富士ひのき」のペンと印鑑

富士の南麓で育ったひのきを使った逸品です。

富士ひのきは、玲瓏高き富士の嶺の南麓に広がる森林が原産地です。
表富士とも呼ばれる富士山南麓は、南に駿河湾を望む温暖で美しい風土の土地で、
ひのきが育つには最適の土質を備えています。
その富士山のお膝元・富士宮で、自然の恵みを十分に受けて育った富士ひのきのペンは、
富士山の息吹が伝わる、この世に2本とない逸品です。

商品ラインナップ

ボールペン

1本: 2,000円(+税)/ボール系:0.7mm ノック式/替芯:三菱鉛筆S-7L

シャープペン

1本: 2,000円(+税)/芯径:0.5mm ノック式

2本セット(ボールペン、シャープペン)

2本セット: 4,000円(+税)/仕様は上記のものとそれぞれ同じとなります。

富士ひのき
印鑑

大切な印鑑は、同じものが2本とない富士ひのき印鑑で!
強度のある富士ひのきを圧縮して作ったので、大切な印鑑の劣化や摩耗を防ぎます。また、富士ひのきの香りも楽しめます。
陰影の見本を見ていただきながら、店頭で彫るので、その日にお持ち帰りいただけます。

直径12.0mm 認印 1本:5,000円(+税)
直径13.5mm 銀行印 1本:7,000円(+税)
直径15.0mm 実印 1本:11,000円(+税)

印面は3つの書体からお選びいただけます。

古印体(例:中野)
篆書体(例:吉澤)
印相体(例:高野)

その他こだわり商品

素材や、品質にこだわった逸品をご紹介します。

なかなか手に入れることができない希少価値の高いものや、
品質にこだわって制作された商品などをご紹介します。
ぜひ、お店にお越しになったときは実物をご覧ください。

商品ラインナップ

富士駒

富士宮市を拠点に将棋の駒を手掛ける「富士駒の会」。
その質の高さから、名人戦のタイトルでも使用され、数々のプロの棋士からもお墨付きをもらっています。
特に、主催の大澤富月さんの作る駒は人気で、「棋士が秒読みで指す」ところまでこだわっていて、その色や形、音などは、もはや工芸品といっていいほどです。
そんな、富士駒の会が作った駒の数々を、Reheiでは店舗では唯一といっていいほど展示、販売しています。
職人が作り、プロが使う駒の数々を、ぜひ堪能してください。

富士駒
雨畑硯

今から300年以上前に、早川支流で黒色の石を発見し、これを硯にして将軍に献上したのが起源ともいわれる山梨県早川町雨畑地区の「雨畑硯」。その品質は、今となっても変わらず、希少価値の高い高級硯であり続けています。
そんな雨畑硯を、Riheiでは先々代のころから仕入れ、蔵に眠っていたものを含め、今でも数十種類を展示、販売しています。
まさにお宝の数々。見るだけでも圧倒される雨畑硯の数々を、ぜひお楽しみください。

雨畑硯